ネットでの宅配買取

ネットでの宅配買取

ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。

その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、鑑定・査定をしてもらうというもので、買取額の通知を受けたら、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。

店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間を気にせず利用できるので、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人のための形態と考えてもいいかもしれません。

この前、金買取の業者からウチに電話がありました。

他の種類の営業電話はよく受けますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、まずは話を聴いてみることにしたのです。

そうすると、手持ちの宝飾品や貴金属で今は使っていないものがあったら高い値段で買い取ってくれるそうです。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。

金買取のサービスが最近流行っています。

金の装飾品などは、かつては気に入って使っていても、時代遅れのデザインだったりして何年も使わずじまいという方も多いと思います。

そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。

ただ、それが本物の金やプラチナかどうかは気をつけないといけません。

金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。

そのようなケースでは、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。

若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、もう何年もご無沙汰という貴金属のアクセサリーを自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。

心当たりのある方は、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。

中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。

純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段には十分なることと思います。

近頃では、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。

ネット上でも至るところに広告が出ている印象ですし、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。

元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、金の価格は相場によって変わります。

それに伴って買取価格も変わるので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。

要らなくなった金のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。

一般に流通している金製品には、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。

K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。

金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金だと思えばほぼ間違いありません。

もちろん、この純度が何%であるかによって買取額は大きく変動してきます。

少し前の話ですが、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。

なにぶん、そうしたことは初めてだったので、適切な売却先がよく分からなくて、WEB上で情報収集することにしました。

調べた結果、御徒町のあたりに、老舗の金買取店が集まる一帯があって、その中でも特に老舗と言われるお店を選びました。

店員さんの対応も丁寧だったし、予想よりずっといい価格で買い取ってもらえました。

高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。

大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。

アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。

それでも、どうしても不安なら、金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも良い方法だと思います。

高級品の代名詞でもある金とプラチナ。

しかし、どちらがより高いのかまで把握している人はあまり居ないように思います。

最近は金の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。

理由としては、市場規模の小ささに加え、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさの影響があります。

プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。

プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、その価値を形作っているというわけですね。

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。

精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。

また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、金の表面を少し削り取ることで、贋物はすぐに判別できます。

「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。

世界的な金融危機を呼んだリーマンショックの後、この頃までに、徐々にですが、市場における金の買取価格が上がりつつあります。

また世界の金融を巡る動きとしては最近、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。

リーマンショックに続き、この経済破綻も金製品の買取価格が上がる要因だったと考えられます。

貴金属買取を扱うお店では、本当に多くの種類のアイテムが買取の対象になっています。

金というといかにも富豪の趣味という気がして、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などを最初に思い浮かべるケースが多いようですが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。

メガネや金歯などもその一例です。

メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などだって値段をつけてもらえるのです。

初めて金買取を利用する際のスタートラインは、どこの店に売るかを決めることです。

判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、買取の手続が面倒でないか、郵送買取なら素早くお金を振り込んでくれるか、また、何より大事なこととして、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。

WEBの場合、何より参考にできるのは口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。

不評の店は避け、良い評価が付いているところを優先して利用するのがいいでしょう。

お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり必ず気にしなければならない点としては、金の相場をちゃんと知っておくことです。

安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、相場を欠かさずチェックして、買取のタイミングを決めるべきです。

店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まるというケースが多くなっています。

入念に相場をチェックして、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。

そこのお店で売却すればいい値段になるなんて言葉を鵜呑みにして買取依頼してみたら、納得できないような安い金額で買取に応じてしまった、などという苦い経験をした方もいるかもしれません。

誠実なお店ならよいのですが、一部では客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、十分気を付けなければなりません。

どうにも腹の虫がおさまらないという方は、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。

今は1グラム5000円くらいですね。

その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、純度によって額は下がります。

例えば18金なら、大体3500円ほどになります。

なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上になるような18金は、重さで言えば600グラム弱です。

ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。

10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、これはもはや金の純度が半分以下。

価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。

1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

この前、身内が他界して、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。

金買取のお店で買取してくれるとのことで、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、金買取は怖くないと知人から聞いていたので、利用してみることにしました。

そうしたら、古い品物でも誠実な査定をしてくれ、素人の私にも優しい印象でした。

肝心の金額も予想以上のもので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。

中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、古物営業法という法律の定めるところにより、単独で買取サービスを利用することができません。

未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、少なくとも一人では買取を利用できません。

また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、親の同伴か、同意書の提示がなければ買取してもらえません。

店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくる訪問購入というケースがあり、問題視されています。

業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。

このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、一度売却してしまっても、8日以内なら契約を取り消して品物を取り戻せるのを覚えておき、いざという時に備えてください。

手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、思い立ってすぐさま買取店に走るのは賢明ではないといえます。

その理由としては、貴金属は買取時の値段がコロコロと変わるためです。

そのため、刻々と変わる相場に目をつけ、高値になるタイミングを見逃さないことを意識するといいでしょう。

最近、金の価格が上がっていると聞いたので、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。

持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。

すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。

若い頃に買ったけどもう身に付けていないといった金製の指輪やネックレス、イヤリングなどをお持ちの方も多いと思います。

最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。

金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、公開されている参考買取額をもとに、より高い値段で買取してくれるのはどの店か見比べて選びましょう。

買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、情報収集を怠らないことが肝要です。

近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。

メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる店もあります。

どこも様々な工夫を凝らしているのですね。

直接お店に行かない形式の買取でも、免許証など身分を証明するもののコピーを送る必要があります。

出来る限り高い値を付けてもらうには、店ごとの条件を比較検討して、合った店を選択することです。

査定にかかる手数料や、目減りによる減額を無料にしている店舗も増えてきましたので、色々な情報をもとに売却先を検討してください。

貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。

店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、ネットを通じて郵送で買取を進める場合でも同様です。

買取手続を進める前に、免許証や保険証などを店に提示し、個人情報を控えさせることになります。

郵送した商品を査定してもらう場合は、免許証などをコピーして同封することを求められる場合が多いですね。

せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。

高額で売却するためには、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを当たるというのが基本ですね。

金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うという努力も欠かせません。

一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。

「相場より高く買い取ります」などの広告もネットでは見かけますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。

古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、代わりに使われるようになったものです。

日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。

合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればホワイトゴールドです。

ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。

プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、勿論、金買取の対象になります。

金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には残念ながら詐欺のケースも存在します。

訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。

主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、強迫的な態度で金製品の買取を迫ってくるのです。

訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。

弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、はっきり断って追い帰すようにしてください。

消費税は今後も更に上がると言われていますが、ここでお得な話を一つ。

金を購入する際には、もちろん消費税も課されるのですが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。

ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、増税後に売却することで、消費税額の差額分をまるまる得できることになります。

消費増税サマサマじゃありませんか。

さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、ハンガリーやノルウェー、スウェーデンなど消費税率の高い国で売却するなどの方法も考えられます。

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。

この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。

そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。

銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと様々に色合いが変わるのです。

金製品の価値を測る上で、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。

世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、その需要に応じて、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。

中には全国に展開しているようなところもあります。

自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。

スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。

買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。