店舗での貴金属の買取

店舗での貴金属の買取

金買取がメジャーになった現在では、色々な店舗で貴金属の買取サービスをするケースが増えています。

リサイクルショップなどはその好例でしょう。

こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、金やプラチナの買取を大きく扱うところが多くなってきました。

専門店と同様の設備を備え、査定も誠実に行っています。

金製品を売りたいという方は、専門店と並んで有力な候補になります。

最近メジャーになっているのが、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。

この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。

お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたらその額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。

営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、時間や地域の制約を受けることもなく、店に行く時間がなかなか取れない人には嬉しいですね。

この前、身内が他界して、私も遺品の指輪をもらったのですが、中にはあまり保存状態がよくないものもありました。

今まで金の買取は利用した経験がなく、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。

査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、店も明るい感じで緊張しませんでした。

買取額も十分納得できるもので、結果的には正解でした。

最近問題になっている事件についてお伝えします。

自宅に業者がやってきて、納得できないような安価で強引に金を買い取っていく、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが最近増えているようです。

最初は誠実そうな業者のふりをしていますが、売却を渋る場合には、強引に買取を強行してくることもあるのです。

後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者は契約書などの手続もいい加減に済まされることが多いです。

怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。

金を購入する際は、普通の買い物と同じく、消費税をとられますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。

そのため、元々金を持っていれば、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするのです。

今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。

この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ハンガリーやノルウェー、スウェーデンなど消費税率の高い国で売却することでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。

全世界を混乱に陥れたリーマンショック。

その時からこの頃までに、決して急速というわけではないですが、市場における金の買取価格が上がりつつあります。

また世界の金融を巡る動きとしては最近、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。

この出来事もまた、リーマンショックと並んで、市場での金の価格が上がる切っ掛けだったと考えられます。

金を買取に出す上で、まず大事なのは店の選択がすべてです。

高い値段を付けてくれるかも大事ですが、手続の簡便さも重要なポイントです。

郵送なら振込の早さも大事です。

そして最も基本の部分としては、その店に信用と実績があるかどうかです。

WEBの場合、何より参考にできるのは実際に買取をしてもらった人の体験談です。

ネット上で簡単に見ることができます。

多くの人から好評を得ている店舗を見極めて利用してください。

18歳に達していない青少年は、古物営業法という法律の定めるところにより、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。

さらに、法律の趣旨を拡張する形で、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、未成年者は、たとえ18歳以上でも、売却できないのが通例です。

未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、親の同伴か、同意書の提示が必要な場合がほとんどでしょう。

万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、お客さんの身分証の提示が必須になっています。

店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式も必ず身分証の提示が必要です。

最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証で身分確認を行うことが法律で義務付けられています。

商品を発送して後日お金を振り込んでもらう形式なら、身分証の写しと合わせての発送で必要な手続きに変えるというのが普通です。

貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかまで把握している人はあまり居ないように思います。

ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。

その理由には、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさを無視できないでしょう。

プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、価値の根底にあるわけです。

金買取がブームですね。

古いネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を見てみるのがいいと思います。

市場において金の純度を証明するため、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。

このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。

金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金というのが一定の目安になります。

金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で買取額は大きく変動してきます。

バブルの崩壊以降、現在にかけて、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、それをビジネスチャンスと見てか、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。

フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。

確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、良い方向への変化が期待できると思います。

接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。

買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。

昔もらったけど今ではもう使っていないような貴金属のネックレスや指輪などというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。

最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。

貴金属を買取してくれる店を探して、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、より高い値段で買取してくれるのはどの店か比べてみるのをおすすめします。

買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。

金の買取を利用する際には、実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、それはその時によって異なるとしか言えないのです。

国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、いつ売るかによって値段が大きく変わってくることもあります。

そのため、少しでも高い金額で買取に出したいのであれば、ネットで情報を見て、価値が上がるタイミングを見計らうことを意識しましょう。

買取店にとって真贋鑑定は重要です。

時として、一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。

中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。

中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、贋物はすぐに判別できます。

「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。

税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。

もちろん、買取業者の方では、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、利益分を届け出て何重もの税金を支払っていることでしょう。

一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。

もっとも、税法が改正されることも有り得るので、どうにも不安な方は、事前に調べておくことで不安を払拭しておきましょう。

指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、かつては気に入って使っていても、ブームが過ぎてしまったなどで何年も使わずじまいという方も多いと思います。

そうしたアイテムをお持ちの方は、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。

でも、ここで落とし穴があります。

本物だと信じて持っていても、実は偽物だったというケースがあります。

鑑定士にそのように言われたら、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。

他の種類の営業電話はよく受けますが、金買取の話はこれまでになかったので、続きを聞いてみたくなりました。

電話の人が説明してくれたところによると、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、処分を検討している品物があれば買い取ってくれるという内容でした。

若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。

金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも金の加工品が案外多いものです。

中でも金歯はよく知られていると思います。

金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。

モノが金であれば、形状は何でもいいというわけです。

意外な形での臨時収入も夢ではないので、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときは捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。

近頃では、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といったテレビCMをよくやっている印象です。

ネット上でも至るところに広告が出ている印象ですし、ためしにgoogleなどで検索してみても、大変多くの店が出てくるので驚きます。

どうせ不要の品物を売るのなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、金の価格は相場によって変わります。

それに伴って買取価格も変わるので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。

手持ちの金製品を買取に出すとしても、良い買取店を見極める方法で慣れていないと悩む人が多いみたいですね。

どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのは利用客としては当たり前の話です。

いいお店を選ぶ時の要点は、口コミやレビューなどでの評価です。

ここで評価が高い店であれば、お客さんからの満足度が高いと見ていいでしょう。

初心者の方でも当てにできる指標になりますね。

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。

金の純度は伝統的に24分率で表現され、銀や銅など他の金属との合金であるものは、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。

18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。

金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどのバリエーションがあります。

金製品の価値を測る上で、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。

貴金属の買取を扱う店舗では、トラブルを避けるため、年齢制限が設けられている場合が多いです。

したがって、中高生など未成年は買取してもらえないというのが原則です。

僅かながら、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。

ですが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。

この場合でも、18歳を超えていたとしても、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。

金のアクセサリーを買取に出そうという際に、候補に挙がってくるのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。

そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、どうしても信用しきれないという人は、やはり少なくないようです。

そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。

よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。

デパートならば信用もあるということで、初心者の方にはひそかな狙い目と言えるかもしれません。

誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、売りたい金製品はいくらの値段で売却できるか見込額を知ることだと思います。

目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。

金の国際価格はドルで表されています。

それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、さらにドルと円の為替レートを掛けます。

すると、日本国内の金価格が算出できます。

こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。

計算法を知っておき、買取店の提示している価格が妥当なものか自分で見極められるようにしておきたいですね。

買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、何年も使っていない貴金属製品を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。

貴金属を持て余している方は、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。

金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。

最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、買取となればそれより若干安くはなるものの、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額の臨時収入が期待できます。

もう要らなくなった金製の指輪や腕時計などがあるのならば、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。

とはいえ、店舗ごとに買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、条件の良いお店を選択するといいでしょう。

たくさんの商品を売る場合は特に、買取総額はかなり変わってきますから、店の選択には注意しましょう。

ショップやネットなどの金買取の市場では、意外なほど様々な種類のものの買取を受け付けてくれます。

金製品を買い取るなどと言われると、何百万円もする高級品を最初に思い浮かべるケースが多いようですが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。

メガネや金歯などもその一例です。

メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。

買取業者が自宅までやって来て、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。

買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、被害を訴えるケースが最近増えています。

しかし、安心してください。

訪問購入については訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。

昔は素人が金買取の情報を得るのも一苦労でしたが、最近では金買取を扱うお店も増えてきたので、色々と調べて比較検討してみるのもいいでしょう。

相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。

また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。

また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプの業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。