金を購入する際の税金

金を購入する際の税金

消費税は今後も更に上がると言われていますが、ここでお得な話を一つ。

金を購入する際には、普通の買い物と同じく、消費税をとられますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。

なので、一度金を買っておけば、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になることになります。

消費増税サマサマじゃありませんか。

この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却することでも同様に利益を上げられる可能性があります。

ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。

今では、実に多くのお店が買取サービスを謳って営業しています。

リサイクルショップなどはその好例でしょう。

家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始めるケースが増えてきています。

鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。

自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。

金の買取を利用する上で、気にすることは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。

買取額だけに注目するのではなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性を入念に考えないといけません。

昨今はネットで調べればすぐ情報が出てくるので、悪いことを書かれている店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。

中には高価買取を謳う広告もありますが、鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、見積後、成約の前に必ず確かめてください。

金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。

素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。

しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。

また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、簡単に見分けられます。

この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。

最近は金買取が流行っているようですね。

私も少し前、金買取のお店を利用したことがあります。

とはいえ、初めてのことで、どこに売ったものか迷い、試しにネットで検索してみたのです。

そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。

専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。

買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、実際幾らくらいの金額になるのかという一点に尽きると思います。

目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。

金の国際価格はその都度変動しています。

その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。

こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。

計算法を知っておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか自分で見極められるようにしておきたいですね。

少し前に、祖母の逝去に伴って、金の指輪を遺産として相続しましたが、傷物や色褪せているものも中には混ざっていました。

買い取ってもらえると噂に聞いたものの、これまで経験がなかったので、初めてなので不安も大きかったですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。

そうしたら、古い品物でも誠実な査定をしてくれ、素人の私にも優しい印象でした。

金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、利用してみて正解だったと今では思います。

若い頃に買ったけどもう身に付けていないといった金製の指輪やネックレス、イヤリングなどの処分に困っている方もいるかもしれません。

そんなときは買取ショップで換金しましょう。

貴金属を買取してくれる店を探して、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、どこが一番高値を付けてくれるか比較検討するのが賢いやり方です。

店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、よく調べて、有利な店を探してください。

現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。

これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。

ですから、現実の買取では、それだけで200万円になるような18金は、重さで言えば600グラムほどです。

指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。

また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。

これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。

資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、ある程度の資産がある人がよく行っているのは、金の形で資産を保全しておく方法です。

これなら景気の影響を受けませんからね。

しかし気になる点もあります。

それは、金を売っている場所や、その購入手段です。

初めて金を買うときには、ホームページや店頭で金の売買価格をしっかり公表している、取引実績の豊富な業者を選ぶことが肝要だといえます。

それならば、金の価格が高騰して、いざ手放したいとなった時にも失敗しないでしょう。

金買取は誰でも手軽に利用できて便利ですが、一部においては残念ながら詐欺のケースも存在します。

悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。

いきなり家にやってきたかと思うと、強引に金の売却を迫ってくるものです。

最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、納得できない安価で買い叩かれてしまったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。

少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。

不要な貴金属をどこかに売却したいというときには、考えておかねばならない点があるのです。

金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、どの店舗を利用するかで、諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金は大きく変わってくることです。

そのため、店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、どの店舗の買取を利用するか、真剣に考えるのがいいですね。

金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。

もちろん、両者は別物です。

プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。

合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。

プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、勿論、金買取の対象になります。

手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、多くの方が思い浮かべるのは、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。

ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、どうしても信用しきれないという人も一定数いるでしょう。

そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。

よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。

デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、初心者の方にはひそかな狙い目と言えるかもしれません。

金買取の業者って電話でも営業してるんですね。

この前そういう電話がかかってきました。

生命保険や、子供の塾の勧誘ならよくありますが、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。

色々と聴いてみたら、手持ちの宝飾品や貴金属で不要な品を買い取ってくれるという内容でした。

確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。

都心から離れたところにお住まいの方などは、ネットを通じた金買取も便利です。

メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる店舗も見られます。

ネットを通じて買取をしてもらう時は、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。

少しでも高い金額で売却するためには、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。

鑑定料や、買取時にかかる手数料が一切ない店も少なくないため、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。

金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで買取ショップが近所にない方は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。

ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、お店から品物用のパックが届きます。

そうしたら、買取を依頼したい商品をそれに入れ、送り返すだけです。

しばらくして、買取価格がメールなどで知らされるので、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、すぐに振込があります。

忙しくて店に行けない方にも便利です。

要らなくなった金のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、金の純度を示す刻印を見てください。

一般に流通している金製品には、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。

数値が大きいほど、純度の高い金です。

K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金だという意味です。

同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって市場価値は変わってくるということです。

貴金属買取を扱うお店では、本当に多くの種類のアイテムを現金化することができるのです。

「金の買取」などと言うと、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品を連想する人が多いでしょうが、高級品だけが金買取の対象ではありません。

意外なところではメガネなどです。

どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯にも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。

金の買取を利用するとしても、思い立ってすぐさま買取店に走るのは得策ではありません。

あまり意識されないことですが、金というのは、とにかく市場価値が上下しやすいという性質があるからです。

なので、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、丁度いい時を狙って売ることが重要です。

2008年のリーマンショック以降、今日に至るまでで、決して急速というわけではないですが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。

さらに、これも記憶に新しいことですが、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。

こうした事態もまた、金の市場価格を引き上げる起爆剤として機能したのではないでしょうか。

手持ちの金製品を買取に出すとしても、たくさんあるお店の中でどこを選ぶかで、初めての方はよく迷うようです。

どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのは利用客としては当たり前の話です。

初めての方が注目するべきは、実際に利用した人からのレビューなどです。

多くの人が良かったと言っているお店は、トラブルと無縁のちゃんとした店であるということです。

これを参考に、信頼できるお店を選びましょう。

金の買取店舗を選ぶ際に参考になるのが、金額のシステムです。

鑑定料、手数料などといった諸費用を有償で設定している店もあります。

その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。

これらの費用を設定している店で買取してもらうと、色々な名目で買取額が減額されて、最終的に受け取る現金の額が減ってしまう結果になります。

ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。

買取を利用する際には、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。

ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取時の諸々の手数料がかからないお店を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。

加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくことも必須であるといえます。

一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。

また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、その手の話は詐欺やトラブルと直結しているのがほとんどなので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。

ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かは知っていますか?最近は金の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。

一時期は金の3倍ほどしたのです。

理由としては、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさを無視できないでしょう。

これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、生産量や流通量のあまりの少なさが、その価値を担保しているのです。

自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、何年も使っていない貴金属製品をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。

「でも実際使わないし。

」そんなあなたには、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。

金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。

24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。

お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額で手放すことができるでしょう。

タンスの奥に仕舞いっぱなしの指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属が沢山あるという方もいるでしょう。

知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、お店で買取を依頼するのを検討してもいいと思います。

「高価買取」などの看板を掲げたお店も街に溢れていますから、いくらの値段が付くか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。

金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも必需品の中に隠れた金がそこかしこに潜んでいるものです。

金歯が本物の金でできているのは有名な話ですね。

金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。

金買取では、金の形状はほぼ査定に影響しません。

タナボタ感覚でのお小遣いにありつける可能性が高いですから、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。

残念ながら金買取には悪質なケースもあります。

業者が家を訪れ、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、こちらの無知や気弱さに付け込んだ悪質な事案が増えているようで、法規制も行われています。

まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、こちらが申し出に応じなければ、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。

後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者は普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。

もう要らなくなった金製の指輪や腕時計などがあるのならば、買取に出すのも手です。

ただし、同じ量の金でも店によって売却金額は変わりますから、ネットで事前に情報を調べてなるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。

特に、売りたいものが多い場合、買取総額はかなり変わってきますから、店の選択には注意しましょう。