金の相場

金の相場

金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、これはあくまで純金の価格ですから、一例として、18金(純度75%)ならば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。

それなりの額、例えば200万円を超えるような量というと600グラムほどです。

指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。

これがさらに10金だとどうでしょうか。

これはもはや金の純度が半分以下。

価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。

ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。

金の買取を業者に依頼するにあたって留意すべき点は、何より相場の変動に気を配ることでしょう。

なるべく高価の買取になるように、その日その日の相場を把握した上で、最も得する時を狙って売却するのです。

金買取では、申込時の相場により買取額が変動することがほとんどです。

上手く相場の波に乗り、可能な限り高い値段で売りたいものですね。

金買取では売る側にも責任が生じます。

そのため、18歳未満は、古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。

さらに、法律の趣旨を拡張する形で、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、18歳を過ぎていても未成年であれば少なくとも一人では買取を利用できません。

18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、保護者が署名捺印した同意書は絶対に必要です。

それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。

リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は様々な種類の店舗が金やプラチナの買取を行っているようです。

一例を挙げると、リサイクル・ショップなどです。

一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始めるケースが増えてきています。

鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。

金買取の利用を検討している場合は、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか。

最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。

メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる業者も多いようです。

しかし、郵送で買取を行う場合、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。

買取で少しでも得をしようと思えば、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。

査定にかかる手数料や、目減りによる減額をゼロと謳っている店も最近は多いですので、店舗選びの際の参考にできます。

近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高くなっているので、専門店で買い取ってもらったという時、その金額や状況によりますが、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。

売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。

本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら税金はかかりません。

また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。

金やプラチナなどの買取ショップでは、20歳未満からの買取の禁止を定めているとところが大半でしょう。

そのため、未成年の人は買取を利用できないのが一般的です。

とはいえ、例外的に、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。

この場合でも、18歳を超えていたとしても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。

要らなくなった金のアクセサリー等の売却時には、留意すべき点があるのです。

金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、どの店舗を利用するかで、買取額や手数料などの諸条件がかなり差の付いたものになるという事実です。

お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、どの店に売却するか色々な情報を総動員して判断しましょう。

銀行預金や投資信託などと併せて、ある程度の資産がある人がよく行っているのは、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。

しかし気になる点もあります。

それは、金を売っている場所や、その購入手段です。

金の購入をご検討されている方は、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。

信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも贋物の心配などと無縁で済みます。

金を買取に出す上で、まず大事なのは売却先としてどんなお店を選ぶかということです。

店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、買取までの流れや、振込ならそのタイミングなど、見るべき点は多いです。

最後の決め手としては、店の信用度や取引実績をチェックすること。

これに尽きます。

ネット上で信頼できるソースは実際に買取をしてもらった人の体験談です。

ネット上で簡単に見ることができます。

口コミやレビューの点数が高ければ安心なので、そういう店を優先して利用するのがいいでしょう。

金製品の買取をしてもらう際には、近隣の買取専門店に品物を持って行って買い取ってもらう形が基本であるといえます。

鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、すぐに現金化できるため、最も安心できる買取スタイルと言えるでしょう。

どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれるお店も少なくないですから、十分納得のいく金額で手放すことが可能です。

初めての方でも安心ですね。

この前、金買取の業者からウチに電話がありました。

保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。

色々と聴いてみたら、貴金属製品で今は使っていないものがあったら高額買取で引き取ってくれるということなのです。

それなら色々あったなあと思って、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。

世界的な金融危機を呼んだリーマンショックの後、ここ数年で、少しずつとはいえ、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。

さらに、これも記憶に新しいことですが、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、預金の引き出し制限も発動されました。

このことも、先のリーマンショックと同じく、金製品の買取価格が上がる要因の一つになったとみられています。

買取価格には自信があります、という宣伝を信じて買取を利用してみたら、あれやこれやと理由をつけて結局定額で金を手放してしまったというケースはよく耳にするところです。

誠実なお店ならよいのですが、一部では残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、十分気を付けなければなりません。

自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。

買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。

使わない貴金属の処分に困ったときは、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。

中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。

24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。

お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額には十分なることと思います。

株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、金に代表される貴金属はその典型です。

値段が崩れないのが金の魅力です。

国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。

世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。

しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、実際に買取に持ち込むなら、事前に金の相場に大きな動きがないか確認してから売るのがいいと思います。

金の買取を利用する際には、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。

店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式でも同様です。

買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証の提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。

商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、免許証などをコピーして同封することで必要な手続きに変えるというのが普通です。

最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際には何より買取額を気にされていることでしょう。

金の買取価格は相場によって変動するものです。

国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、同一の金製品でも、売る日によって値段が全く違うということがあり得ます。

そういうカラクリになっているので、少しでも高値で手放したいなら、ネットで情報を見て、価値が上がるタイミングを見計らうことが重要だといえます。

今は金の価値が上がっている時代です。

金製のアクセサリーなどは、かつては気に入って使っていても、今では飽きてしまったなどの理由でもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。

そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。

注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。

本物だと信じて持っていても、実は偽物だったというケースがあります。

鑑定士にそのように言われたら、泣き寝入りするしかないですね。

デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わないアクセサリーや腕時計といった金製品というのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。

そんなときは買取ショップで換金しましょう。

貴金属を買取してくれる店を探して、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、一番高く売れるのはどこか、比べてみるのをおすすめします。

その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、手数料の有無などは必ずチェックしてください。

貴金属の便利な換金手段である金買取。

その利用において大切なのは、実際幾らくらいの金額で買い取ってくれるのか見込額を知ることだと思います。

目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。

金の国際価格はドルで表されています。

それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。

よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、買取店の提示している価格が妥当なものか判るようになっておけば怖いものなしですね。

金買取といっても様々な形式があります。

今、少しずつ流行り出しているのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。

その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、数日で査定結果が出るのを待ちます。

お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。

営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、メールやフォーム送信でいつでも申込できるため、店に行く時間がなかなか取れない人から好評を得ています。

店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、しつこく金を買い取ろうとしてくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。

業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。

ですが、対処法もあります。

金買取の訪問購入に対しては、訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができるのを覚えておき、いざという時に備えてください。

よほど大量の取引をしていない限り、金を専門店に売却しても税金はかかりません。

お店のほうでは、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、しっかり利益を計上し、結構高い税金を課せられているでしょう。

一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。

なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、お店の人に確認してみるといいかもしれません。

金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。

あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、金庫くらいは無ければ安心できないでしょう。

お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、強固なセキュリティが必要になるので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。

しかし、どこまでいっても不安だという人は、金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも選択肢の一つです。

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、金の純度を示す刻印を見てください。

ニセモノの金でなければ、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。

よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。

K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。

同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。

精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。

メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。

比重計という道具を用いれば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。

タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、本物の金でないことはすぐにわかります。

タンスの奥に仕舞いっぱなしのプラチナや金製の指輪などの装飾品は案外多いのではないでしょうか。

ただ捨てるだけではしのびないという方は、専門のお店で売却することを検討してもいいと思います。

「高価買取」などの看板を掲げたお店も街頭、ネット問わず多いですから、高値が付くかどうか一度見てもらうのもいいでしょう。

昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、候補に挙がってくるのは、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。

そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人が私の周りにも多くいます。

そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。

よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。

デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、初めての方でも利用しやすいでしょう。

金の価値が高騰していると聞いたので、私もその機会にずっと身に付けていなかった金のアクセサリーを売却しました。

金買取はそれまで利用したことがなく、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、ひとまずネットで情報を集めてみました。

そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、金の買取店ばかりが集まっているエリアがあることがわかったので、その内の一店舗を利用することにしました。

店員さんの対応も丁寧だったし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。